悩み

更年期障害について

様々な症状があります

doctors

性ホルモンが加齢などの原因により急激に減少することにより、様々な症状があらわれることを更年期と言います。女性の場合、エストロゲンが急激に減少すると、血圧などに影響を及ぼすことが知られています。そのため、耳鳴りや難聴などの症状があらわれることがあります。さらに、更年期の時期には、睡眠障害や抑うつ状態となる場合があります。このような心理的な症状が耳鳴りや難聴を悪化もしくはリスクを高める要因となっている場合もあります。 耳鳴りや難聴などの症状が見られた場合には、出来るだけ早く専門の医療機関を受診するということが大切になります。また、耳鳴りや難聴などの症状と同時にめまいがあるという場合には、急激に体を動かさないように心掛けましょう。

我慢は禁物です

更年期が疑われる場合には、産婦人科や総合病院を訪れるようにしましょう。最近では、更年期外来が設置されている病院も増えています。更年期外来では、様々な症状について相談をすることが出来ますし、一人ひとりの状態に合わせた治療が行われます。以前は、50歳前後の女性が更年期になると言われていましたが、最近では20〜30代の若い世代でも同じような症状があらわれる場合があります。 病院を受診するタイミングとしては、月経周期が乱れている、倦怠感がある、更年期特有の不調症状があるという場合です。不調を感じても、我慢してしまう傾向にありますが、症状が悪化してしまう場合もありますので、我慢すること無く早めに受診しましょう。

耳鳴りや難聴を感じたら

doctors

耳鳴りや難聴を感じたら、早期に病院を受診して検査を受けて、的確な治療を行わないと手遅れになる事があります。後遺症として症状が残ってしまったら、効率的に治す方法がなくなってしまうからです。

Read More...

耳鳴りや難聴の原因に

doctors

耳鳴りや難聴はさまざまな原因があり、耳鼻科で検査してもらうことができますが、原因が特定できない場合もあります。もし更年期の女性であれば、更年期障害が原因になっている可能性があります。

Read More...

サプリメントをうまく利用

doctors

更年期障害はホルモンの低下による起こる症状で中高年の男女に見られます。症状はホットフラッシュや耳鳴り、難聴など様々な症状が見られます。症状の緩和や改善には病院での治療とともに食生活などの改善が効果的です。

Read More...